スタッフ紹介

TEL:0993-77-1211

看護部

看護部長 満冨 英樹

「その人らしさ」を尊重し、家族のように心に寄り添う
看護部では、患者様のありのままを受け入れ「その人らしさ」を尊重し、毎日安心して自分らしく過ごせるように、あたたかく思いやりのある看護・介護の提供に日々努めています。また、一人ひとりの多様な要望に耳を傾け、家族のように心に寄り添い、他職種と協力して対応しています。
私たちは、より質の高い看護力を発揮できるよう常に向上心を持ち、成長できるよう自己研鑽していくことを目標としています。

看護部長
薬剤部

薬剤師 六田 修一

医療チームの一員として専門性を発揮し、良質な薬物治療の提供に努めます。

薬剤部
放射線部

診療放射線技師 佐藤 浩司

自分の殻に閉じこもることなく、積極的に研修会等に参加し、技術や知識の向上に努めます。

kensabu
検査部

臨床検査技師 有木 三史

「迅速なる概値は、遅れたる真値に優る」をモットーに迅速かつ正確な検査データを提供し、検査の精度向上に努めます。

検査室
事務部

事務長 黒木 義幸

笑顔と温かみのある対応を心掛け、来院される患者様が安心して医療サービスが受けられるよう努めます。

事務
リハビリテーション部

作業療法士 川添 将太

笑顔を絶やさず、患者様がそれぞれのペースで無理なく進める精神科医療サービスを提供できるよう努めます。

リハ
連携室

精神保健福祉士 新宮 享弘

「正しいことを言うときは少しひかえめにするほうがいい。正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものだと気づいている方が良い」 吉野 弘 祝婚歌より
連携室は患者様・ご家族・連携先・院内と人と人とを繋ぐ連結環の役割を担っています。この歌を忘れず、相手がどう感じるかを考え、患者様本位の医療を受けられるようサポートして参ります。

提携
相談サービス

園田 順一

「熱意をもって、物事にあたる」をモットーに、不登校,引きこもり,家庭内暴力,抜毛症,チック,遺尿症,遺糞症,摂食障害,心因性身体症状,コミュニケーション障害(対人不安,無言,吃音など),うつ,その他の不適応行動や心に問題を抱えている個人やご家族への援助を行って参ります。

前原 八代子

患者様が安心し、笑顔で過ごせるよう努めます。

阿多病院

グループホームはなのせ

就労継続支援B型事業所
さくら工房

お問い合わせ
TEL:0993-77-1211[代表]

8:30~12:00/13:00~17:00
※日曜・祝日は休診

©医療法人尚人会All rights reserved.